パチンコに燃えてレイクでキャッシングした体験談(40代 自営業)

▼むろぴーさん 40代男性 自営業

私は以前、思いっきりパチンコにはまりました。

パチンコって知っている人ならわかると思いますが、想定の確率がパチンコ台ごとに決まっていて、そのことが書いてあります。300分の1だったら、300回まわせば1回は当たりがくるということです。

私がその日にパチンコ屋に行くと、300回で一度は当たりがくるはずの台がすでに1000回以上回っていたのです。

これはもう近いうちに出るに違いない。そう思った私はその台に座り、打ち始めました。しかし1500回まわしても2000回まわしても一向に当たりがきません。

その間に銀行に行って、なけなしの貯金を下ろして資金にしていましたが、もうお金が尽きようとしていました。

あと500円でも回せば必ず当たるに違いない。もう根拠もくそのなかったのですが、レイクでお金を1万円キャッシングして再びその台を回しはじめました。

以前キャッシングを使ってから最近は全く利用してなかったのですが、パチンコに燃えていたので冷静な判断ができなかったのだと思います。

そして、思いが通じたのかフィーバー!

これでこれまでのお金を回収できる。さっきキャッシングしたお金もすぐに返せるとバラ色の予想をしたのですが、まさかの一回でのフィーバー終了。

それから閉店まで打ちましたが、それからはとんとんな感じで、結局キャッシングぶんの1万円の借金は残ってしまいました。

金額が少なかったので、問題がなかったですが、もしあの時フィーバーがこなかったらまた数万円キャッシングしていたかもしれません。

若気の至りとはいえ危ないところだったなと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ